World Xplorer~ゲルマン系企業戦士の旅ワザ~

世界を飛び回る日々を写真付きで紹介したり、旅ワザを公開するブログです。

*

エアタヒチヌイの設備とサービスをレビューしてみた

   

s-IMG_1558

 

こんにちは!年末年始はタヒチに行っていたのですが、帰って写真の整理もしたのでぼちぼちタヒチの最新記事も追加しようと思います。

 

今回の旅行もまたいい経験からトラブルまで様々なことを経験してきました。エアタヒチヌイの出発便がストライキで1日遅れたりとか・・・。でも無事に行って楽しんできたので、今回はタヒチに行く時に使ったエアタヒチヌイのサービスを解剖したいと思います。

 

エアタヒチヌイとは

エアタヒチヌイとは、その名の通りタヒチのフラグシップ航空会社です。タヒチ(パペーテ)と日本(成田)、アメリカ(LA)、ニュージーランド(オークランド)を結ぶ直行便があり、経由便だとフランスのパリとオーストラリアのシドニーにも就航しています。

 

料金は日本発着便のエコノミーで26〜30万円することから敷居が高いイメージがありますが、最近だと他のビーチリゾートに行くにも20万円以上することが多いので、そんなに高くはないと思います。

 

タヒチ国内便について

s-IMG_0917

 

エアタヒチヌイには子会社?のエアタヒチという国内線運行会社があり、タヒチ行き国際便と離島行き国内便をセットで買うと、ボラボラやランギロアなどタヒチ国内の離島にお得に行くことができます。

 

ボラボラとランギロアはいずれも2016年4月から1年間は追加料金18,800円です(多分往復)。

 

国際線の機内設備

エアタヒチヌイの東京発着便は、その時によって機材が古かったり新しかったりするようです。今回は、行きが古い機材、帰りは新し目の機材(Airbus A300)でした。

 

古い機材とは80年代くらい??の太古のもので、個人用ディスプレイは付いているものの解像度が荒く、字が読めないことすらあります・・・。

 

↓古い機材。白とびするし荒い・・・
s-IMG_0876

 

↓新しい機材だとこんな感じ。解像度が高く表示くっきり。
s-IMG_1799

 

↓シートはどちらの機材も狭くもなく広くもなく、まあ普通のエコノミーです。
s-IMG_0808

 

各席に、かわいいカバーのついた枕と小さなポーチが置いてあります。ポーチには、アイマスク、耳栓、靴下、おしぼりが入っています。日本の航空会社でないにしては気遣いがありますね。
s-IMG_0812

 

機内エンターテイメントについて

古い機材の時は映画がオンデマンド放送ではなく、なんと決まったタイミングで放映されるというとんでもないシステムになっています。タイミングを逃すと最初から見れないということですね。本当にいつの時代の飛行機なんでしょうか・・・。

 

新しい機材の時は、画面はタッチパネル(コントローラーは無し)で番組もオンデマンドでした。ホッ。ただし、映画はあまり本数がなく、新しいものも少ないです。今回は新しかったのはミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションくらいでしょうかね。

 

s-IMG_1862

 

新しい機材では、タヒチの番組が充実しています。中でも「ティアレTV」というタヒチのドキュメンタリーやドラマのチャンネルが良かったです。英語とフランス語しかありませんが、タヒチの自然や文化を紹介しているので、帰りはタヒチ気分に浸るためずっとこれを見ていました。Antoineというおもしろいおじいさんが紹介するタヒチがおもしろかった(笑)

 

s-IMG_1865

 

あと、フランス語だけなので全く分からず残念でしたが、ポリネシア人がやっているコメディもありました。分かったら楽しかったんだろうなあ・・・。

 

食事について

s-IMG_0845

 

機内食はけっこうおいしいです。日本発着便では2回食事が出ますが、どちらも2種類から選択可能。選べない航空会社もあるので良心的だと思います。

 

ワインなどの飲み物も無料です。ただし、本数が限られてるのかも知れません・・・。今回、たくさん飲んでいた人がもうダメと言われているのを見ました。時間的なものなのかはよく分かりません(その後、今の時間はダメとも言われていたので)。

 

s-IMG_0896

 

2回の食事の合間には軽食のセルフサービスもあります。日本からタヒチへは11時間ほどかかるのですが、行きはおにぎり、カップラーメン、スナック類がありました。

 

↓こんな感じ。カップラーメンは写っていないですが、言うとくれます。
s-IMG_0882

 

s-IMG_0885

 

帰りはおにぎり以外の軽食があります。朝早く起きて何も食べていなかったので、機内食だけでは足りず軽食があって助かりました。軽食がないか、あっても本当に簡単なスナックだけの航空会社もあるので、けっこういいサービスだと思います。

 

ティアレをくれる

s-IMG_0821

 

タヒチ行きの便に乗ると、最初に乗客全員にタヒチの国花「ティアレ」をくれます。本物なのでとてもいい匂いで、飛行機に乗った瞬間からすっかりタヒチ気分です。ティアレなどの花はタヒチでは耳に付けるのですが、結婚している(または相手がいる)人は左耳に、シングルの人は右耳に付けるらしいです。

 

予約関連

全体的にいいサービスではあるのですが、一つ注意があります。突然フライトが変更になる場合が多々あるということです。詳しくは「飛行機がストライキで1日遅れた!そんな時のため保険に入ろう」という記事に書きましたが、フライトが1日遅れてその日の分のホテルのキャンセル料も全然補償してくれないなんてことがザラにあるようです。

 

私も今回そういう目に遭って泣きを見ました。スケジュール変更による損害は補償しないというのはどこの航空会社も同じだとは思いますが、フランス系の航空会社はストライキが多くフライトが変更になることは非常によくあるので、特に注意が必要です。それでホテル代一泊9万が飛ぶなんて本当にシャレになりません・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

 - タヒチ, 航空会社情報