World Xplorer~ゲルマン系企業戦士の旅ワザ~

世界を飛び回る日々を写真付きで紹介したり、旅ワザを公開するブログです。

*

岐阜県・下呂温泉で情緒を愉しむ

   

前回の白川郷の後は、同じ岐阜県の下呂温泉に行きました。今回は下呂温泉温泉紀行です。

 

下呂温泉とは

s-IMG_9218
かなりインパクトのある名前なので、誰しも一度は聞いたことがあるのではないかと思いますが、どこにあるか知ってますか?下呂温泉は岐阜県中部の山中にあり、高山から電車で1時間ほどで行けます。

 

s-IMG_9662
街の雰囲気は古き良き温泉街という感じでしたが、この街の何がユニークって、街のど真ん中に完全放置の温泉があるんです。上の写真の近くです。入場料不要、更衣室すらない野ざらしの温泉です(毎日掃除はしてるそうですが)。入る勇気はありませんでしたが、中高年の男女には人気があるようでした。さすがに写真はないですが・・・。

 

また、あちこちに足湯ならぬ「手湯」があるのも斬新でした。街角にたくさんあって、ちょっと寒くなったら手を突っ込めるという・・・。温度はそんなに熱々ではなく、冷えた手にちょうど気持ちのいい温度でした。そこはかとない硫黄の匂いもしますよ。手湯だけでなく足湯もちゃんとあります。
s-IMG_9685

 

数多い温泉宿が立ち並ぶ中、チェーンホテルへ・・・
今回泊まったのは大江戸温泉物語 下呂。大江戸温泉って東京にもありますよね。正直チェーンってどうなんだろう?と思いましたが、全く心配には及ばないスペックでした。

 

まず、見晴らし風呂が最高!例のごとく大浴場は写真で紹介できないのが痛恨の極みですが、ここ、いろんな種類のお風呂があって、これまで行った温泉の中でもかなり印象に残るものでした。露天風呂は建物の最上階が外に張り出す形になっていて、辺りが一望できます。ガラス張りですが、マジックミラーで外からは見えないとのこと・・・。本当か?!

 

個人的に最高だったのは小さな個室に入ってフタを閉めて顔だけ出すスタイルのサウナ。汗がたっぷり出て、悪いものが全部出てく感じ。

 

ご飯もおいしい!

s-IMG_9226
ここも飛騨高山なので、やはりメインは飛騨牛。飛騨牛は現地の人はほとんど食べる機会がないほど高価な肉らしいのでたくさんはないですが、追加もできます!

 

ここでもまた飛騨牛のしゃぶしゃぶ^^肉を有料で追加したら、周りの人に羨望の眼差しで見られました(^^;飛騨牛ってそのくらいおいしいですから不思議はないですね。
s-IMG_9676
これまでいろんな肉を食べましたが、飛騨牛の等級の高い肉は本当に最上級だと思います。私はあまり脂が多くて口の中で一瞬で跡形も無く溶けるような肉は好きではないのですが、飛騨牛は程よい資質と歯ごたえがあり、噛むにつれて柔らかくほぐれていく感じでした。

 

この大江戸温泉物語 下呂は、チェーンですがサービスも食事も行き届いており、普通の老舗旅館と何ら変わらないと思います。今回ここを選んだ理由はズバリコストパフォーマンス。料理の質や量、部屋の広さやサービスに関してはネットの評価も良かったですし、何より他の旅館より安いのが良かったです。これだけ料理もお風呂も部屋も良くて(部屋は写真ないです・・・すみません!)その時期でたったの12,800円ですからね。やはりチェーンの強みでしょうか。
飛騨牛を一通り堪能した後は外で夕涼みです^^街まで下ってお土産を見るもよし、ちら付く雪の中を散歩するもよし!
s-IMG_9197
土産屋にて、朴葉味噌のコーナー。朴葉焼きはお土産で買って自宅でもできます^^
s-IMG_9198

 

帰りはものすごい雪・・・。
s-IMG_9206

他にも見所はたくさん

s-IMG_9450
長くなるので割愛しましたが、下呂温泉は合掌村など他の見所も満載でした(白川郷でめっちゃ合掌造り見た後ではありましたが・・・)。

 

合掌造りを言えばコレでしょう!!イロリ!!!あったかい囲炉裏を囲んで甘酒をいただく・・・。コレがしたかったんだよねえ。
s-IMG_9393
下呂温泉、想像以上にいいところでした。

 

宿の基本情報
アクセス:下呂駅から歩いて10分くらい。無料送迎あり。
部屋の種類:和室
食事の種類:飛騨牛しゃぶしゃぶなど、数種類から選択可能。肉は有料で追加もできる。朝食は和洋ビュッフェ。

//

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 - 国内旅行, 温泉