World Xplorer~ゲルマン系企業戦士の旅ワザ~

世界を飛び回る日々を写真付きで紹介したり、旅ワザを公開するブログです。

*

パラオアクティビティ体験!クレイパックをしてみたよ

   

s-P1022890
前回は初めてパラオに行った時のことということでパラオの概要をお伝えしましたが、今回はパラオでやってみたアクティビティの体験記を書いてみます。

 

第一回目は、手軽にツアー会社でできるツアーの中でもちょっとゆったり目なものについてです。家族連れやカップル連れであまり体力を使わずにゆったりパラオの海や自然を楽しみたい人に向いていると思います。

 

スノーケル1日ツアー

s-IMG_5437
パラオに着いた初日はコレでした。パラオのきれいな景色の中でも手軽に行ける有名どころ(ロングビーチ、カープアイランドなど)を巡り、スノーケリングもできるというツアーでした。1日ツアーなのでランチも付いていますが、無人島でみんなでいただきます^^
s-IMG_5527
s-IMG_5517
風に揺られるヤシの木を見ながらのランチは最高でした。スノーケリングは、初心者向けのポイントでゆっくりと泳ぐタイプのもので時間も短いので子供連れでも安心だと思いますが、私は一日中がっつし泳ぎまくりたいので少し物足りなかったです。がっつり泳ぎたい人はアメリカのツアーとかボートチャーターがいいのではないかと思います。それについてはまた書きますね。

 

ミルキーウェイ+ジェリーフィッシュレイクツアー

パラオのいいとこ取り!世界の中でも恐らくパラオにしかないレアポイントを1日かけて回ります。

 

s-P1012381

目玉の1つであるミルキーウェイは、浸食されたサンゴが堆積している場所だそうで、他の場所と比べて流れがないので栄養たっぷりの堆積物がそのまま残っているんだそうです。このポイントでは、その堆積物をガイドさんが海底からすくってきてみんなで顔や身体に塗りたくりまくります!この粘土のような堆積物が美容にいいらしいです。確かに、肌がつるつるになった気がする・・・。
この泥(笑)、何と商品化されてて日本でも買えるらしいですよ。パラオ気分に浸るのにおひとついかが?

パラオ大統領推薦!厚生労働省承認!パラオミルキーピュアホワイトクレイパック

 

s-P1012533

もう一つの目玉はジェリーフィッシュレイク。ここは湖底が海とつながっている塩湖で、海と隔離されたことで天敵がいなくなり毒素のなくなった「タコクラゲ」が大量にいます。このクラゲたちをかき分けて泳ぐ形なのですが、フィンキックで簡単に体が傷ついてしまうので、泳ぐのには気を使います。でも、水中にオレンジ色のタコクラゲが大量に漂う世界は幻想そのものでした。泳ぐ時も体にぼよんぼよん触れてかわいいんですよ。

 

s-P1012545

このクラゲは毒素がないので、当然素手で触れても平気です。大きいものだとバレーボールより少し小さいくらいになるので、大きいやつを両手に持って写真を撮ったりしました。ちなみに、毒素はないのですが、今でも毒があった時の名残で唇に触手が触れると少しピリピリするらしいです。試す勇気はありませんでしたが・・・。

 

なお、ここは環境保全のため手袋は基本的に禁止です。他の海藻の種子などを持ち込まないようにするためです。また、たまにアジアの他の国から来た心ない観光客がものすごい勢いでフィンキックをしてクラゲを蹴ったり、クラゲを巻き込んで潜ったりしていますが、こうやっていろんな人が傷付けてクラゲたちに敵と見なされてしまったら、将来また身を守るための毒が復活して行けなくなってしまうかもしれません。マナーのある日本人の方は、くれぐれもクラゲには優しくしていただきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

 - パラオ