World Xplorer~ゲルマン系企業戦士の旅ワザ~

世界を飛び回る日々を写真付きで紹介したり、旅ワザを公開するブログです。

*

パラオ旅行の準備で心がけるべきこと

   

s-IMG_7362 2
さて、これまでパラオの魅力やアクティビティなど、行った後のことばかり書きましたが、パラオに行く前にすべきことや注意点に関してもそろそろお伝えしますね(笑)

 

直行便は限られた航空会社のみ。乗り換えに時間がかかることを念頭にプランを

パラオは直行便で4時間30分ではあるのですが、実は直行便はJALの期間限定チャーター(ほとんど取れない)と週に数回のデルタ便だけです。これ以外は経由便なので、基本的にはパラオまで7〜8時間はかかることを念頭に置いてプランを練りましょう。直行便は本当に便数が限られているので、休暇が取れる時期に制限のあるサラリーマンはほぼ経由便になるのではないかと思います。

 

経由便の場合はグアム経由、フィリピン経由など選択肢が豊富です。Cariyaは通常グアム経由で行っていますが、グアム経由の場合航空会社や便によっては当日着か翌日着となります。翌日着になる場合でも、グアムで1日遊ぶことができるので悪くないと思います。グアムでの遊び方についてはこちらの記事をご覧ください。当日パラオ着の便も数通りあるのですが、年中ダイバーが多いためかけっこうすぐに埋まってしまいます。また、帰りの便は所要時間が短いものだと深夜便になることが多いのですが、この場合パラオ→ヤップ→グアム→成田と、夜中に何度も乗り換えをすることになり疲れます。しかも年末年始はグアムの帰りの乗り換えがハンパなく混むので(スターアライアンス上級会員でも、優先レーンがどこか分からなくなるくらい混みます)、できれば何ヶ月か前に深夜を避ける便が取れればベストですね。

 

グアム経由の場合、一度アメリカに入国することになるので入国管理局を通ります。この時、必須ではありませんがESTAがあると書類の記入がやや早く済みます。

 

繁忙期はホテル予約は早めに!!

パラオの旅行者のほとんどは日本人なので、日本のゴールデンウィークや年末年始などの行楽シーズンはソッコーで埋まります。私の行きつけのホテルなんかは、予約サイトで空いていた試しがありません。航空券を取ったはいいがホテルが空いてない・・・!なんてことにならないように、繁忙期に行く人はホテルは早めに予約しましょう(まあ、ホテルを取る前に航空券だけ取っても頑張れば何とかなるもんですが、それはまたの機会に・・・)。

 

旅行代理店や予約サイトでは本当にローカルなペンションなんかは予約できない場合が多いので、最悪宿の電話リストをネットで見つけて片っ端から電話するしかないです。もしくは、うまく行けばアクティビティを予約した会社にお願いできることもあるかも・・・。

 

当然ですが夏服必携

パラオは常夏です。最低気温は分かりませんが昼間はだいたいいつも30度くらい、夜でも26度くらいなので、真夏の服装を持って行きましょう。出発時に日本が冬の場合、到着したらすぐに脱げる上着や靴下を履き、中には半袖のTシャツを着ることをおすすめします。私が年末年始に行った時は、ライトダウンの下にパーカーを着て、中にはTシャツを着て行きました(ヒートテックのようなインナーは着いてから暑いので着ない)。下はジーンズに靴下とクロックスだけでしたが、日本ではあまり外に出なかったのでこれで十分でした。あとは到着したら上着を脱いでTシャツになり、靴下を脱げばあっという間に南国スタイルの出来上がりです。

 

現金は多めに用意する

 パラオでの注意点にも書きますが、パラオではクレジットカードを使う時サーチャージとして3〜5%余分なお金がかかることが多いです。通貨はアメリカドルなので、あらかじめ多めに換金しておきましょう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

 - パラオ, 旅ワザ