World Xplorer~ゲルマン系企業戦士の旅ワザ~

世界を飛び回る日々を写真付きで紹介したり、旅ワザを公開するブログです。

*

飛行機がストライキで1日遅れた!そんな時のため保険に入ろう

   

flight_departure_sign

本日からわたくし、南国のリゾートタヒチに行ってきまーす!!

 

・・・という予定でしたが、何と飛行機がまさかのストライキで1日遅延してしまうというとんでもない事態になってしまいました。

 

本当は、不在中の記事としてこれまでの旅のトラブルとその対処法に関する記事を書き溜めて行こうと思っていたのですが、そんなことするまでもなく採れたて新鮮なトラブルに見舞われましたので、そちらをお伝えしまーす(涙)

 

エアタヒチヌイから、突然ストライキを知らせるメール

昨日、クリスマスの午後、会社で今年最後の仕事をしていた時のこと。エアタヒチヌイからフライトの旅程のお知らせのメールが来ました。↓これです。

 

b43ae2f82be7b0302686b494e69ef154

 

あー、わざわざ前日に確認のメール送ってくれるんだー・・・とぼーっと旅程を見ていると、12/26であるはずの出発日が12/27になっています。

 

・・・あれ?

 

もう一度メールを見返す。よくよく見ると、メールの件名は “FLIGHT DELAY INFORMATION” (フライト遅延情報)となっているではありませんか・・・

 

は??!?!?!

 

メール本文には、しれっとこんなことが書いてあります。
 
重要: お客様のフライトスケジュールの変更のお知らせとして、こちらのメールをお受け取りになられている可能性もございます。

 

いやいやいやいや・・・26日のホテルもう取ってるんですけど。1日遅れるってこと?何でこんな直前に??

 

エアタヒチヌイに電話するも、月曜日から金曜日におかけくださいーとか寝ぼけたことをぬかします。その時は日本時間の金曜日の昼過ぎです。地球上どこの国も木曜か金曜です。エアタヒチヌイは一体どこにあるんだwwwwwという突っ込みはさておき、他の電話番号を探し出してかけたところ、パイロットのストライキで1日遅れるんだとのこと・・・。

 

とんでもないクリスマスプレゼントだよ(‘A`)

 

請求されるホテルのキャンセル料は90,000円

431bf4bc19d2071a0672918325ff2288

 

エアタヒチヌイに聞いても、スケジュールの変更によって発生した損失は一切補償できないとのこと。確かに、予約した際フライトは予告なく変更になる可能性があることや、その場合の一切の補償はできないことが約款に書かれていたのを覚えています。

 

だからってこんな唐突に・・・。ホテルは一泊90,000円以上の水上バンガローです。万が一の可能性にかけてホテルに連絡したところ、最初の一泊のキャンセル料は100%かかりますとの非情な返事がありました。何とかならないですかーと泣きつきましたが、キャンセルポリシーは全員に同じように適用されるので返金はできません。ご不便をおかけして申し訳ありませんとの趣旨の以下のメールが。

 

I’m so sorry but I will not refund any amount. The general conditions are clear and for all our guests.
i’m so sorry for the inconvenience made.

 

まあ、ホテルは悪くないですからね・・・。真摯な対応だと思います。

 

ホテルのキャンセル期限は、エアタヒチヌイからのメールが来るちょうど16分前に過ぎてしまっていたんです。デポジットとして最初の2泊分はすでに引き落とされていますから、返してもらえないことになります。あと一時間早くメールが来てれば・・・。

 

航空会社に請求できないのか

上述の通り、約款には確かにスケジュール変更の可能性と、それによる損失は補償できないことが書いてありました。これってどうなのか知り合いの弁護士にも聞いてみたところ、やはり飛行機は天候や乗客の遅れなどで到着時間まで確約するのは難しという理由で最初に約款に同意させているので、請求はできないそうです。たいていの航空会社ではこういった状況を見越して最初に運送契約を締結させているんですね。つまり、飛行機の遅延で生じたホテルのキャンセル料は補償してもらえないということです。

 

じゃあどうするのか。そうだ、保険入ろう!

私はこれまで海外でそれなりにいろんなトラブルを経験しましたが、あまりひどい怪我や損害は受けたことがありませんでした。このため、旅行保険も持っているスーパーフライヤーズゴールドVISAに自動付帯してるやつでいいや〜と楽観的に考えていたのですが、それが甘かったようです。よく考えたらエアタヒチヌイは前回も2時間遅れましたし、何かの時のために保険は必須だということを学びました。

 

というわけで調べてみたところ、世の中にはこんな保険があるようです。クレジットカードに付帯している場合もあれば、海外旅行保険として自分で入る場合もあります。

 

ショッピング補償

そのカードを使用して買ったものが破損や盗難で使用できなくなった場合の補償。どうやら物理的な商品だけに適用される場合が多いらしく、使用できなくなったホテルのキャンセル費用などは対象外だそうです。

 

旅行キャンセル保険

これは、個別に加入する旅行保険らしいです(検索したらたくさん出てきました)。コースによって、今回の私のケースのような場合のキャンセル料が補償されるようです。5,000円くらいで全額補償されるみたいなので、次からこういう保険に入ろうかと思います。

 

遅延保険(カード付帯型)

クレジットカードでも、アメックススカイトラベラーカードなどには遅延補償サービスというものが付いているみたいです。スカイトラベラーカードの「航空便遅延費用補償」は、残念ながら私のようなケース(飛行機の遅延で目的地のホテルに泊まれなくなった)には使えませんが、飛行機の遅延のせいで経由地で発生したホテル代や食事代を補償してもらえるそうです。会員費用は10,800円と高くはないですし、これはちょっと私もほしいかもなあ・・・。更に、遅延保険とは直接関係ないですが、海外で買ったものも90日以内なら500万円まで補償される「ショッピング・プロテクション」というものも付いているらしいです!上記のショッピング補償に近いサービスですね。さすがトラベラー向けカード!JALでもこれを出してくれれば私も申請したんだけど・・・。

アメリカン・エキスプレス・・スカイ・トラベラー・カード

新品価格
¥1から
(2016/6/28 23:14時点)

まとめ

というわけで、航空会社のせいで飛行機が遅延し、そのせいでホテルのキャンセル費用が発生した場合も、航空会社に補償してもらうことはできないようです。

 

こんな不運な出来事で旅行を台無しにしないためにも、保険に入っておくのが良さそうです。

 

明日出発する時にもう一度チェックインカウンターで最後の望みをかけて聞いてみますが、今回は90,000円は勉強代と消えそうです・・・。

 

さあ、旅に出よう!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 - 旅ワザ, 海外旅行全般